ブログ

2023年9月1日まで、商品にEACマークを表示するための規制が緩和

ユーラシア経済委員会理事会は、製品へのEACマークと消費者のために組成や使用期限、生産者に関する情報などの表示することが、製品輸入後、つまり通関手続きを経た後に行うことができることに関する決議を採択した。この場合、消費者(購入者)に販売する前に、製品にラベリングをする必要がある。このラベリングにかんする規制緩和は、2023 年 9 月 1 日まで適用される。

また、EEC 理事会の決議に基づいて、2023 年 9 月 1 日までに、EAEU 各国政府は、2021 年 11 月 12 日付 EEC 理事会決議No.130の税関申告対象製品の通関手続きの際の適合評価に関する文書の税関への提出手順や提出事例に関する部分の適用特例を定めることができる。EAEU の領域での強制的な適合性評価の対象となる製品の輸入に対して国内レベルで設定された特例は、EAEU の技術規則の要件を遵守する義務を排除することはできない。

この決議は、2022 年 3 月 17 日付のEEC理事会命令No.12によって承認された、マクロ経済の安定性の確保を含む、EAEU 各国の経済の持続可能性を改善するための一連の措置実施の一環として採択された。今回の措置は、経済制裁を受けているEAEU各国市場での商品の安定供給を維持するために必要なものである。

出典:ユーラシア経済委員会公式サイト(2022 年 10 月 17 日)

ELGコメント

EACマークは基本的にはユーラシア経済連合域内に出荷される前に貼り付ける必要がありますが、一連の制裁措置を受けて海外メーカーからの協力が得られない可能性を考慮し、ラベリングを域内で製品を受け取ってから、つまり通関手続きが終わってから行うことが一時的に認める法令です。

時限措置は2023年9月1日まで適用されます。

関連記事

  1. 規格化に関する連邦法改定:デジタル化への道
  2. 適合証明書と適合宣言書の登録、停止、再開、取消し手順、無効承認の…
  3. 電力消費装置のエネルギー効率対する規則の施行日延期に関する決議公…
  4. ロシア認定庁、新しい情報ソースを創設
  5. 適合宣言時のGTINコードとGLNコードの記載、文書のスキャンデ…
  6. 適合証明書データベース形成及び管理手順の更新
  7. 国家認定制度の関係者のための新しい支援策、部門間評議会で議論
  8. 技術規則の要求事項遵守に対する国家監督実施に関する助言の採択
PAGE TOP