ブログ

EAEU、ECサイトでの商品の安全性を確保するための共通アプローチの試験運用

7月15日、ユーラシア経済委員会理事会は、電子商取引商品に関して、EAEU技術規則の要件への準拠を確認するための一時的な手続きを承認しました。この手続きは、対外電子商取引の分野での試験的プロジェクトにおいて適用されます。


一時的な手続きは、電子商取引商品の安全性を確保するための一般的なアプローチを規定しており、この手続きはその後、国内法の下で詳細化されることができます。

特に、実験の過程で、特定の商品については通知手続きが適用され、税関手続きの下に置かれた商品については通知手続きの適用は除外されます。

外国の電子商取引の参加者は、通知手続きの一覧に含まれる電子商取引の商品に関する安全性について、商品諸元に関する情報の欄において宣言書を記入することになります。
「統一されたメカニズムに基づいて実験を行うことで、第三国の市場で販売される安全でない製品から

市場を保護するための最も効果的な概念を開発することが可能になります」とユーラシア経済委員会技術規制大臣、ビクトル・ナザレンコ氏は述べています。

出典:ユーラシア経済委員会公式サイト(2022年7月15日)

関連記事

  1. ロシア認定庁、新しい情報ソースを創設
  2. 消費者は、商品のバーコードで証明書や宣言書についての情報を得るこ…
  3. 新型コロナウイルス感染拡大時の連続生産品に対する認証手順の時限法…
  4. 連邦認定庁下での公的評議会:支援措置の実施における小売業者、消費…
  5. 2021年1月1日より適合宣言書登録手順が変わります。
  6. RSTマークからSTRマークへの移行
  7. EAEUの技術規制、デジタル化への道
  8. デジタルマーキングで商品の適合証明書又は適合宣言書の有効性を自分…
PAGE TOP