ブログ

適合証明書登録簿の形成及び管理、登録簿に含まれる情報提供並びにその支払い手順の承認

2020年11月20日、適合証明書登録簿の形成及び管理、登録簿に含まれる情報提供並びにその支払い手順を承認している2020年11月18日付ロシア連邦政府命令No.1856が公示された。

施行日は2021年1月1日で、いくつかの規定は少し遅れて施行される。この法令が関係するのは次の登録簿である。

  • ロシアの技術規則の基準への適合証明書
  • ロシア連邦政府命令No.982によって採択された一覧に含まれる製品の適合証明書
  • ユーラシア経済連合の適合証明書と適合宣言書(ロシア国内管理部分のみ)

登録簿の形成及び管理は国内認定機関によって行われ、登録簿に記入されるすべての情報は、電子形式(スキャンコピー)で提供され、認証機関の権限者の電子署名によって署名/証明される。記入された情報は1営業日で登録簿に反映される。

ここで、システムの機能の技術的な可能性、つまりテクニカルエラーのせいで登録簿に情報がアップできない可能性も考慮されている。スキャンコピーを含みアップされる書類がチェック(フォーマットや構造などの管理)を通過できない場合、この情報をアップした認証機関は、電子形式でその旨の通知を受ける。

証明書を登録簿に記入するための根拠となるのは、規定の手順で採択された次のような情報である。

  • 証明書の発行
  • 証明書の効力の停止、再開、延長又は取消し
  • 監査の結果(認証スキームで規定されている場合や監査実施期間が変更された場合など)*。

証明書の登録簿にからならず含めなければならない情報とスキャンコピーの文書

  1. 登録番号(自動的に付与)、有効期限、用紙の管理番号(電子文書の場合は設定なし)
  2. 証明書の付属書に関する情報
  3. 認証機関及の長、証明書に署名をした認証官の氏名
  4. 監査実施に関する情報(認証スキームで規定されている場合)*
  5. 規定の安全要求事項への製品の適合性を証明するエビデンス
  6. 税関文書または税関申告書が作成されなかった理由の記載を含めた情報
  7. 申請者に関する情報
  8. 製造者の名称及び所在地、製品の生産工場の所在地、海外製品の場合、グローバルロケーションナンバーを含む*
  9. 認証機関の名称と所在地
  10. 製品の識別を可能にする製品情報。申請者の希望により、商品識別コード(GTIN)を付与することも可能(申請者の希望によるコードの付与は2021年8月1日に施行)
  11. ユーラシア経済連合のTN VEDコード(HSコード)とOKPD2コード
  12. 認証が実施された基準文書の名称と記号
  13. 認証スキームによって定められている、安全要求事項への製品の適合性を証明する文書に関する情報とそのスキャンコピー(試験レポート、生産状態分析調書、品質マネジメントシステム証明書、製品型式/製品プロジェクト調査に関する鑑定書など)
  14. 認証スキーム番号
  15. 補足情報(基準、保管上けにゃ期限、輸入される製品サンプル数を証明する認証機関や試験ラボラトリーの書簡や契約書など)

認定の効力が停止した認証機関は、登録簿に公開するために次の情報を提供しなければならない。

  1. 認証スキーム、監査実施期間とその結果、認定が有効であった期間に実施した監査。検査の事実を証明する文書のスキャンコピーの添付*
  2. 証明書の効力の停止または取消しに関して採択された決定。当該決定を証明する文書のスキャンコピーを添付。

登録簿に含まれる証明書に関する情報提供のための費用は徴収されない。

*は、2021年8月1日に施行する。

情報スース:弊所パートナー企業<NOVOTEST公式サイト>より

関連記事

  1. 適合宣言書登録時の事業者コード/GLNとGTINの記載に関して移…
  2. デジタルマーキングで商品の適合証明書又は適合宣言書の有効性を自分…
  3. 消費者は、商品のバーコードで証明書や宣言書についての情報を得るこ…
  4. 2021年1月1日より適合宣言書登録手順が変わります。
  5. 電力消費装置のエネルギー効率対する規則の施行日延期に関する決議公…
  6. 事業者コード/GLN及びGTINの記載に関する宣言書登録手続き規…
  7. 技術規則作成・見直し計画最新版承認
  8. 規格化に関する連邦法改定:デジタル化への道
PAGE TOP