ブログ

EECとウズベキスタン、技術規制分野での協力関係強化

ユーラシア経済委員会の技術規制・認定部門の局長であるティムール・ヌラシェワは、ウズベキスタン共和国の投資外国貿易省の技術規制庁の局長であるディルショッド・サッタロフと会談しました。この会談は7月13日にタシケント(ウズベキスタン共和国)で開催されたEEC代表団が参加したCIS国家標準化・度量衡・認証に関する国家間会議の61周年記念会議の際に行われました。


両者は、EECとEAEUのオブザーバー国であるウズベキスタン共和国との間の技術規制分野における協力関係を強化することに関心を示し、EECとウズベキスタンの技術規制・認定部門間での課題に関するコンサルテーションをすることについて合意しました。


貿易における技術障壁の除去の問題、地域認定機関と標準化・度量衡・品質管理及び認証分野における要因の教育、資格向上と再訓練に関するCIS国家の基本的組織の創設が、測、品質管理、認証の分野における要員の訓練、高度な訓練、再訓練のための地域認定機関とCIS加盟国の基本組織の創設の問題がCIS国家標準化・度量衡・認証に関する国家間会議において議論されました。


会議の参加者の中には、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、ロシア、タジキスタン、ウズベキスタンの標準化・度量衡・計測・適合性評価および認定のための国家機関、ならびにCIS執行委員会、CIS国家標準化・度量衡・認証に関する国家間会議事務局、ユーラシア経済委員会、国際法定計量機関の代表者が名を連ねました。


≪軽工業製品≫国家間技術委員会(ITC)を設立することが決定され、「Good Laboratory Practice(GLP)」ITCを創設するというカザフスタン共和国のイニシアチブが支持されました。


会議の一環として、製品とサービスの品質の分野での成果に対して、2021年度CIS賞コンテストの受賞者と表彰と証書の授与をする式典が開催されました。この賞は、ベラルーシ、カザフスタン、ロシア、タジキスタン、ウズベキスタンの企業が受賞しました。ユーラシア圏においてCIS賞を広く普及させるために、国家間会議の参加者は、CIS国家標準化・度量衡・認証に関する国家間会議で定期的に開催することを支持しました。

ELGコメント:ウズベキスタンは現在ユーラシア経済連合のオブザーバーとなっていますが、昨今の傾向を見ると、加盟に向けて積極的に動いている様子がうかがえます。現在ウズベキスタンでは、EAC認証に類似の制度が適用されており、ウズベキスタンに向けて出荷する場合は個別で対応する必要があります。

出典:ユーラシア経済委員会公式サイト(2022年7月15日ニュース)

関連記事

  1. 適合証明書と適合宣言書の停止、処分の取り消し、取消し手順、並びに…
  2. デジタルマーキングで商品の適合証明書又は適合宣言書の有効性を自分…
  3. 2023年9月1日まで、商品にEACマークを表示するための規制が…
  4. 技術規則作成・見直し計画最新版承認
  5. 電力消費装置のエネルギー効率対する規則の施行日延期に関する決議公…
  6. 試験ラボのレポート無効認定手順案、パブリックコメント手続き開始
  7. 2021年1月1日より適合宣言書登録手順が変わります。
  8. 適合証明書データベース形成及び管理手順の更新
PAGE TOP