ブログ

アルコールに関するEAEU技術規則の移行期間延期

ユーラシア経済委員会理事会は、ユーラシア経済連合技術規則「アルコール製品の安全性について」の過渡規定の期限を2024年1月9日から2027年1月1日まで延期しました。

この調整は、ユーラシア経済委員会理事会によって、この技術規則の施行日が2024年1月1日への延期したことと関連しています。

アルコール製品に対する技術規則が採択されたのは、2018年のことです。この規則は、出荷されるアルコール、その生産、保管、輸送、販売、廃棄のプロセスに対して連合国内において適用と遂行が義務である要件、ならびに製品表示、パッケージに対する要求事項、適合性評価手順の要件を定めています。

次に、過渡規定により、技術規則施行日までに作成されたアルコール製品の適合性評価に関する文書は、有効期間が満了するま、最大2027年1月1日まで有効であることが定められています。過渡規定によって、アルコールの製造および市場出荷が、期日まで認められるわけです。

また、移行期間中連合国では、技術規側施行日まで義務的適合評価の対象とならなかった製品を、そのような評価に関する文書や国の適合マーク(市場流通記号)の表示なしで製造および出荷することが可能です。

過渡規定を考慮して出荷された製品の流通は、製造者によって設定された消費期限中認められます。
3年間の移行期間を設定することで、アルコール製品メーカーは2027年1月1日まで技術規則による新規制にスムーズに切り替えることができます。

出典:ユーラシア経済委員会公式サイト(7月13日)

関連記事

  1. 医療機器の登録にかかる国税増額検討
  2. 規格化に関する連邦法改定:デジタル化への道
  3. CIS国家ロシア間の標準化・度量衡関連機関との二国間会議
  4. 統一様式での義務的適合確認の対象製品一覧変更
  5. EAEU、ECサイトでの商品の安全性を確保するための共通アプロー…
  6. 電力消費装置のエネルギー効率対する規則の施行日延期に関する決議公…
  7. ロシア認定庁、新しい情報ソースを創設
  8. 2023年9月1日まで、商品にEACマークを表示するための規制が…
PAGE TOP