ブログ

ロシア保健省、医療機器使用時の有害事象一覧を公開

6月10日、ロシア保健省は、医療機器がかかわっている有害事象で、ロシア保健監督庁への報告の義務があるものの一覧を承認した。このようにして安全モニタリングを実施するわけである。承認された省令は2021年5月20日付No.4513である。

この一覧は、連邦法「ロシア国民保健基本法」No.323の第96条に従って作成されたものであり、この条文によって、医療機器の流通にかかわるものに、異常事態、医療機器の文書化されていない副作用、その他使用上の問題について通知する義務が課されている。この通知を怠った場合、関係者は行政処分を受けることになる。

一覧には、有害事象として全部で24項目挙げられ、医療機器の適用時に発生する一般的な状況から、個別の患者の耐性のなさから生じる事態、医療機器の動作異常「不明瞭な画像」や「液体やガスの循環異常」などが分類されている。 医療機器の使用時に発覚した有害事象の通知手順、方法及び期限に関しての詳細は、2020年10月19日付省令No.1113nに規定されている。

関連記事

  1. 改正国民保健基本法FZ323-FZ施行
  2. 2021年1月1日より適合宣言書登録手順が変わります。
  3. 事業者コード/GLN及びGTINの記載に関する宣言書登録手続き規…
  4. 適合証明書登録簿の形成及び管理、登録簿に含まれる情報提供並びにそ…
  5. 適合証明書データベース形成及び管理手順の更新
  6. 医療機器の登録にかかる国税増額検討
  7. 爆発性物質に対する技術規則から表示に関する規定が一部削除
  8. 規格化に関する連邦法改定:デジタル化への道
PAGE TOP