ブログ

強制認証・適合宣言の対象となる設備の追加

2020年7月22日、以下の技術規則の適合評価に関する許可文書を税関申告時に提出すべき設備の品目一覧を見直すために、採択済み決議の修正をするユーラシア経済委員会協議会決議案のパブリックコメント手続き開始された。

対象となるのは以下の規則である。

  • TR CU 004/2011 「低電圧機器の安全性について」(一覧は2013年4月24日付ユーラシア経済委員会協議会決議No.91によって承認)
  • TR CU 020/2011「技術装置の電磁両立性」(一覧は2014年1月16日付ユーラシア経済委員会協議会決議No.2によって承認)
  • TR EAEU 037/2016「電気機器及び無線電子機器での危険物質の適用制限について」(一覧は2018年10月16日付ユーラシア経済委員会協議会決議No.167によって承認)

この3つの規則の一覧に新しい項目を追加することが計画されている。

追加されるHSコードは 8539 50 000で、その他電球(汎用白熱電球、コンパクト形の蛍光ランプ及び発光ダイオード)に対して使用される。

この新しい項目に対しては、現行の適合評価形式が採択される。つまり、TR CU 004/2011とTR CU 020/2011では適合証明書、TR EAEU 037/2016では適合宣言書が必要となる。

修正決議案のパブリックコメント手続きは今年の9月5日まで行われる。

情報ソース:弊所パートナー企業<NOVOTEST>公式サイトより

関連記事

  1. 技術規則の対象となっている設備に関する統一衛生要求事項の有効期限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP