TR CU 011/2011「エレベータの安全性」

TR CU 011/2011「エレベータの安全性」

施行日

2013年2月15日

改定版施行日

第1回改定:2020年1月3日施行

エレベータの定義

垂直に対する傾斜角が15°以下である剛性ガイドレールに沿って移動するかごの中に人および(または)貨物を収容し、ある高度から別の高度に移動させるために設計された装置

TR CU 011/2011の適用対象

EAEU加盟国領土に新しく出荷されるエレベータ及びエレベータの安全装置、稼働中のエレベータ及びエレベータの安全装置

エレベータの安全装置

  • 緩衝器
  • 非常止め装置
  • 調速機
  • シャフトドアロック
  • 安全油圧装置

TR CU 011/2011の適用対象外

以下での使用を目的として使用されるエレベータには適用されない。

  • 鉱業および石炭産業の鉱山内
  • 船及びその他浮体施設
  • 海上探査および掘削のためのプラットフォーム
  • 飛行機や航空機、並びに次のようなエレベータにも適用されない。
  • ラックアンドピニオン式またはネジ式昇降メカニズム付きのもの
  • 軍事目的の特殊エレベータ

要求事項

一般安全要求事項
すべてのエレベータ(エレベータの安全装置)が満たしていなければならない要求事項

  • 部外者の立ち入り禁止区域への立ち入りを防止するための措置
  • 乗客、作業員の落下防止措置
  • かごから乗客が安全に脱出できること
  • 安全な乗り降り、荷物の積み降ろしができること
  • 非常止め装置や緩衝器の性能
  • 照明に対する要求   など

特別安全要求事項

身体障碍者用など、特定の目的を持ったエレベータに追加で設定された要求事項

TR CU 011/2011本文の安全要求事項では細かく数値は規定されていないので、実際にはEN81規格に沿った適合確認が行われます。EAEUでのみ適用される独自規格もありますので、詳細についてはご相談ください。

また、電動式の場合、TR CU 020/2011「技術装置の電磁両立性」も対象となりますので、併せてご確認ください。

認証手続き

エレベータ本体又はエレベータの安全装置をEAEU加盟国領土に出荷する場合、適合証明書の取得が必要です。

また、施設に設置した後、規定の手順で試験所の検査を受け、適合宣言書を作成しなければなりません。(こちらは出荷後の対応になるので、輸出者側での対応要否は納品先に確認ください)

1.申請書類

TR CU 011/2011の適用対象である場合、認証手続きのために、以下の書類が必要になります。

a)エレベータの認証のための書類:

  • 仕様
  • 取扱説明書(指示書)
  • 要素の一覧を含む回路図
  • 油圧駆動付きエレベータに対して要素のリストを含む油圧回路図
  • 製造者によって又はその依頼を受けて実施された試験及び測定レポート、リスク分析(ある場合)
  • 安全装置に対する技術規則への適合証明書のコピー、または本技術規則によって規定されている場合は、試験および測定レポート
  • 関税同盟加盟国の領土で認定された機関によって発行された品質マネジメントシステム証明書のコピー(ある場合)。

b)エレベータの安全装置の認証のための書類

  • 技術文書(仕様、図面、図)
  • 関税同盟加盟国の領土で認定された機関によって発行された品質マネジメントシステム証明書のコピー(ある場合)。

申請書類はすべてロシア語で作成するか、ロシア語翻訳が必要です

取扱説明書、製品ラベルには必須記載条項があります。

2.申請者の選定

認証のためには、EAEU域内で登録された法人(個人事業主)を申請者にたてる必要があります。現地法人をお持ちでない場合、域内企業(商社・販社など)を挟まずに客先に直接納品される場合などは、代理人を立てる必要があります。弊所保有企業による代理申請も可能ですのでご相談ください。

3.認証手続き

認定を受けた認証機関に認証を依頼します。

  • EAEU域内の認定試験所にてサンプル試験の実施
  • 連続生産品の場合、認証官による工場監査。

弊所の提携先の認証機関をご紹介することも可能です。また、条件に応じて認定を受けている認証機関の選定から契約締結までをサポートすることも可能です。

すべての検査に合格すると、適合証明書が認証機関から発行されます。有効期限は最大5年です。ロット、一品生産品の場合は、有効期限の設定がありませんので、耐用年数の間、認証が有効となります。

4.出荷準備

  • 製品本体、パッケージ、取扱説明書へのEACマークの貼り付け
  • パスポートの作成(認証時に作成することをお勧めします)

5.出荷後の対応

  • 稼働開始前に、認定事業者による検査が必要です。納品先に対応要否についてご確認ください。
  • 量産品で認証を受けた場合、1年に1回、認証機関による維持審査(工場監査、サンプル抜き打ち検査など)があります。
  • 適合証明書の有効期限が満了した場合、更新手続きをとるか、新規取得手続きによって適合証明書を取り直します。

認証機関一覧

TR CU 011/2011の認定を受けている認証機関の一覧です。名称は便宜上ロシア語から英語に翻訳してありますので、実際の名称とは異なります。赤字の認証機関はエレベータ認証特化型の認証機関です。

ロシア語のみの対応のところも多いため、当事務所でコレポン代行をすることも可能です。

国名名称認定番号HP
1ロシアExpert-CertificationRA.RU.10HA.46あり
2ロシアIndependent Certification SMKRA.RU.10HA72あり
3ロシア“LCM”, LLC “Transconsulting”РОСС RU.001.11AB29あり
4ロシアPrommash TestРОСС RU.0001.11МЮ62あり
5ロシア“Techcenter-C”RA.RU.17ЛХ21あり
6ロシア“Center-expert”RA.RU.11МБ06あり
7ロシア“Safety in industry”RA.RU.17ЛФ72あり
8ロシア“Ruscertific”RA.RU.10АБ71あり
9ロシア“Diagnostica”РОСС RU.0001.11ЛХ64あり
10ロシア“N Ex”RA.RU.17ЛФ13あり
11ロシア“Engtechlift”РОСС RU.0001.11ЛХ81あり
12ロシア“Sibek”RA.RU.11CБ26あり
13カザフスタン“Center for Expertise and
Certification of Handling Equipment”
KZ.O.02.0565なし
14カザフスタンKranenergo LLCKZ.O.02.0410あり
15カザフスタンKAZAUTOCERTKZ.O.02.E0533あり
16カザフスタン”“Kazliftconsulting”KZ.O.01.0372あり
17ベラルーシBelarusian State Institute of
Standardization and Certification
BY/112 002.03あり
18ベラルーシCenter of Certification and StandartBY/112 107.01あり
19ベラルーシBelarusian State Institute of MetrologyBY/112 003.02あり
20ベラルーシBelarusian-Russian UniversityBY/112 056.01あり
21キルギスCenter for certification and testingKG 417/КЦА.ОСП.026なし
(2022年8月23日現在、ステータスが有効なTR CU 011/2011 認証機関の一覧)

技術規則TR CU 011/2011「エレベータの安全性」日本語版販売

弊所にてTR CU 011/2011の日本語版の購入が可能です。販売価格は5,500円(税込)です。

下記フォームからご依頼ください。

TR CU 011/2011「エレベータの安全性」に関するご相談はこちら

    会社名/組織名 (必須)

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)
      

    お見積りのご依頼の場合、以下をご記入いただくとスムーズです。

    申請予定者 (わかればご記入ください)
      

    製品名(任意)

    HSコード(わかればご記入ください)

    製品の仕様がわかるファイル

    その他お問い合わせ内容詳細 (任意)

    こちらの文字列を入力してください。 (必須)

    captcha

    最近の記事

    初回相談・お見積り無料

    簡易質問BOX↓

      会社名(必須)

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      ご質問 (必須)
       

      こちらの文字列を入力してください。 (必須)

      captcha

      PAGE TOP