ブログ

経済フォーラムでEAEUにおける医薬品の流通を規制するための最新の戦略的措置について議論される

 ユーラシア経済委員会、技術規制担当大臣は、ユーラシア経済連合における医薬品の共通市場規制の枠組みの最新事情、ならびに医薬品の超国家的登録および同盟市場への導入手続きにおける新規性について、サンクトペテルブルグで行われた経済フォーラム(SPIEF-2022)の中のロシア医薬品フォーラム「医薬品安全性」のセッション≪輸出のポテンシャル:EAEUと世界市場≫で語った。

 「人生というものは常に私たちの仕事を見直させ、新しい課題を提示してきます。公衆衛生、医薬品の安全性、医薬品の入手可能性の優先順位を維持しながら、体系的かつ調整された方法でそれらに対応していかなければなりません」
 

 技術規制担当大臣は、連合の医薬品の共通市場の形成と発展において、製薬事業の多くのイニシアチブが考慮されているという事実について詳細に語った。

 いくつかのケースでの登録ファイル文書が省略して提出できるようにしたり、連合での登録にあたって自国のGMP証明書を提出する可能性2024年12月31日まで延期され、GMP規則が生産施設の検証と認証へアプローチを拡大して更新された。医薬品共通市場の規制におけるもう1つの重要な傾向は、遠隔手順の導入である。これによって、登録中の監査や試験所での鑑定手続きのトータル期間に対して肯定的な影響を与えている。

 最後に、技術規制担当大臣は、製薬会社、科学研究機関、業界団体に対して、医薬品や医療機器流通規制に対する共通アプローチの開発をする特別諮問機関や開発グループの作業への参加や、ユーラシア経済委員会の法令ポータルサイトに掲載される委員会の法案への意見公募手続きに積極的に参加するように求めている。
出典:2022年6月15日 EEC

PAGE TOP