ブログ

TR EAEU 041/2017の施行日について

化学品に対して2021年6月2日から施行される予定であるTR EAEU 041/2017「化学品の安全性について」、化学品に関する各種手続き政府より受託しているCISセンターの公式サイトにおいて、ロシア産業貿易省のレターが次のような内容で発表されました。

2020年9月11日付ロシア連邦政府命令No.1407「ロシア連邦におけるユーラシア経済連合技術規則「化学品の安全性について」実現を担当する権限機関について」第1項の職務において、TR EAEU 041/2017の施行日に関して業界団体や利害関係機関より問い合わせが来たことと関連し、ロシア産業貿易省は、次のように通知する。
2017年3月3日付ユーラシア経済委員会理事会決議No.19の第2項の完了期日が変更されたうえにその完了を近い将来に実現することができるかどうか不明の状態であることを考慮し、以前設定された当該技術規則の施行日(2021年6月2日)は、見直され、新しい日付がユーラシア経済委員会によってユーラシア経済連合加盟国政府と協議の上決定されることとなった。
本件についての最新情報は、規定の手順で、できる限り速やかに利害関係者に周知されることとなる。
ロシア産業貿易省レター本文訳(2021年4月9日付、No.28726/13)

「2017年3月3日付ユーラシア経済委員会理事会決議No.19の第2項」とは、「連合化学物質及び混合物登録簿を作成し管理する手順及び新化学物質の通告手順」を採択する義務をユーラシア経済委員会に付与する項目ですが、これに関しては、2021年4月1日に法案のパブリックコメント手続きが終わったばかりであり、通常、ユーラシア経済連合の各種法令は、法案作成→パブリックコメント手続き→加盟国内承認→ユーラシア経済委員会協議会による承認→同理事会による承認を経て採択されるため、あと2か月少々で完了できるようなプロセスではありません。

そのため、当局判断として、「2021年6月2日には施行されない」というアナウンスをしたものとなります。

どのくらい延期されるかについては、近日中に発表されることになっています。

産業貿易省レター原本はこちらからダウンロードできます。

関連記事

  1. TR EAEU 041/2017《化学品の安全性について》の改定…
  2. 化学物質及び混合物インベントリー管理及び新規化学物質の通告法案準…
  3. 化学品に対する技術規則施行日延期の予定
PAGE TOP