ブログ

新型コロナウイルス感染拡大時の連続生産品に対する認証手順の時限法施行

2021年1月10日、新型コロナウイルス感染拡大下で連続生産品として供給される製品の認証過程に関する時限措置を承認している2020年12月23日付ユーラシア経済院会理事会決議No.127が施行した。

この決議は、適合評価の典型スキームを採択している2018年4月18日付ユーラシア経済委員会理事会決議No.44を補足するものであるが、時限措置は、理事会決議No.127の施行日から発効し2022年1月19日まで有効である。

まず、認証時の初期工場監査を、ビデオ会議という形で遠隔で行うことを可能にしている。しかし、これを行うためには、過去に違反がないことや以前認証をした認証機関に依頼することなどいくつかの条件を満たしている必要がある。決議No.127には、遠隔監査の手順、持ち越し期限、認証のためのサンプル選定方法などが具体的に記載されている。

情報ソース:弊所パートナー企業<NOVOTEST>ニュースより

関連記事

  1. デジタルマーキングで商品の適合証明書又は適合宣言書の有効性を自分…
  2. 技術規則作成・見直し計画最新版承認
  3. TR CU 019/2011の規制対象製品追加審議
  4. 適合宣言時のGTINコードとGLNコードの記載、文書のスキャンデ…
  5. 規格化に関する連邦法改定:デジタル化への道
  6. 2021年1月1日より適合宣言書登録手順が変わります。
  7. 監査官登録簿の形成と管理手順案準備
  8. 適合証明書と適合宣言書の登録、停止、再開、取消し手順、無効承認の…
PAGE TOP