ロシア向け並行輸入について

2022年3月、ロシア連邦政府は、並行輸入品のロシア連邦領土への輸入を許可する決議を採択しました。

5月にロシア連邦産業貿易省は、「ロシア連邦民法典第1359条第6項および第1487条の規定が適用されない商品のリストの承認について」という命令において、HSコード及び商標付きの製品一覧を発表しました。

並行輸入品の通関手続き並行輸入とは、代替供給経路を通じて権利所有者の同意なしに海外からロシアへオリジナル商品を輸入することを意味しています。

つまり、輸入の並行性は、知的財産の問題と、商標権者に「ロイヤルティ」(金銭的報酬)を支払う必要性を実際に廃止することにつながります。

並行輸入だからと言って、製品が税関地域に輸入される際の製品の安全性を確保するという点での必須要求事項の遵守、そして不適合に対する申請者/申告者の責任がなくなるわけではありません。したがって、適合性評価の観点からは、違いがないといえます。輸入業者は、製品の安全性と技術規則の義務的要求事項への適合性を証明するすべての必須文書を入手する必要があります。

現在の製品に対する義務的要求事項は何か?

製品の大多数は、関税同盟/ユーラシア経済連合技術規則の要求事項に適合している必要があります。技術規則によって規定されている製品の出荷(出荷とは「無償または償還ベースの商業活動の過程で連合の領土での流通を目的とした製品の供給または輸入(製造者の倉庫からの発送または倉庫なしの出荷を含む)」と理解されます)前に、適合証明書/適合宣言書を発行するか、製品の国家登録証明書を取得し、製品に流通マークを付ける必要があります。

商品の適合性を確認するための一時的な手続き

2022年9月1日まで、ロシア連邦領土において、簡素化された適合評価手順が有効です(2022年3月12日の政令第353号によって導入)。この手順によると、製品ロット(単品製品)に対しては、適合証明書に代わって、有効期限が6ヶ月の適合宣言書を作成することができます。

ただし、この簡素化手順を適用するためには、重要な点を考慮する必要があります。

政令No. 353に従って適合宣言が発行された製品は、販売、商業目的での使用はできず、ロシア連邦の領土への輸入、または研究/試験用のサンプル(TRCUまたはTREAEUによる通常の認証目的のサンプルを含む)としてのみ使用できます。

この条件には、次のような続きがあります。政令No.353の付属書18の第5項「本項に従ってロシア連邦領土に輸入された商品には、商品社への販売前に、簡素化手続きで輸入されたことを通知するマーキングを貼り付けなければならないこと」、さらに、6項g)号によると、簡素化手続きのよって適合宣言書が作成された製品に対しては、EACマークを貼りつけてはならない、とされています。

いずれにせよ、並行輸入製品に対しては適合宣言書を作成する場合、現行法令に従って適合宣言書を作成する必要があり、その宣言は、信頼に足るエビデンスに基づいたものでなければなりません。

信頼にたる宣言のために、義務的要求事項を遵守していることを証明する技術解とリスク評価の結果の記述が使用されます。この手のエビデンスは、法令No.353に従った適合宣言の場合にのみ要求されるものです。

技術解は、材料の基本特性、考えられる外部からの影響、考えられるユーザーエラーを考慮に入れる必要があります。

さらに、製品の構造は、製品に適用される強度、操作の信頼性、および安全要求事項を確保する必要があります。

リスク分析は、電気、操作エラー、操作中の損傷によって引き起こされる機械的、熱的、および製品に対して適用されるその他の危険性に関連して行う必要があります。

認証試験のために製品サンプルを輸入するという課題がある場合、または生産ラインの最新化する目的で製品単品を提供する必要がある場合は、政令No.353の簡素化手順が役立ちます。

PAGE TOP