ブログ

ユーラシア経済委員会理事会が圧力機器技術規則改定を承認

2021年5月25日、2021年4月23日付ユーラシア経済委員会理事会決議No.49が公示され、TR CU 032/2013「一定圧力下で作動する機器の安全性について」の改定が採択された。

承認された改定内容は、TR CU 032/2013の適用対象外製品の新しいグループを追加している。

用語集は、ユーラシア経済連合域内での技術規制に関する議定書(2014年5月29日付ユーラシア経済連合に関する条約への付属書No.9)並びに2018年4月18日付ユーラシア経済委員会理事会決議No.44によって承認された適合評価の典型スキームによって定められている用語とのその定義に準拠することが規定された。そのほか、規則内でのみ使用される用語の定義についても見直された。例えば、「配管機器」「直火型容器」「配管」などの用語が新しく導入され、「許容圧力」「製造者」「安全根拠書」などの用語が削除、「定格圧力」「呼び径」「機器の識別」等の定義が改定された。

TR CU 032/2013の改定版では、機器に特有なあらゆる危険因子や安全要求事項を考慮して、機器の安全性を根拠づける必要書類を具備しなければならなくなった。

また、改定版において、機器に対して具体的な安全要求事項を定めている規格(TR CU 032/2013の整合規格リストにある規格)を適用せずに開発(設計)された機器に対しては、機器の安全性を証明する書類一式として、整合規格に含まれる規格によって適用されたレベルよりも低くない機器の安全レベルを確保している技術解について証明する文書の提出が要求されている。

規則の付属書No.1において、機器のカテゴリーについての全面改定が行われたが、これについての詳細はこちらを参照されたい。

TR CU 032/2013の改定版は、180暦日を経過した日、つまり2021年11月21日に施行される。

情報ソース:弊所パートナー企業<NOVOTEST>ニュースより

関連記事

  1. TR CU 032/2013の適用対象製品リスト改定案
  2. 一定圧力下で作動する設備を使用するときの新しい産業安全規則施行
  3. 圧力機器に関する技術規則の改定承認
PAGE TOP