ブログ

消費者は、商品のバーコードで証明書や宣言書についての情報を得ることができる

2021年2月17日、ロシア認定庁の公式サイトで省庁と自動認証連盟《UNISCAN/GS1 RUS》との会合の結果を報告し、協力関係に合意した旨を伝えた。この合意文書では、グローバル認証システムGS1の原則に基づいた製品識別に関する問題の協力規則や協力の形態を定めている。

情報交換は次のような形で行われる。

認定庁は適合評価に関する文書(適合証明書、適合宣言書)の情報をGS1 RUSの情報システムに送り、代わりにバーコードに関するデータを得る。情報の回収と取得データの円滑な処理過程が将来的に、消費者が購入しようとしている商品に対して適合証明書や宣言書が取得されているのかを確認するのを容易にする。

スマホでバーコードをスキャンするだけで、適合評価に関する文書の情報を読み取ることもできるようにする計画がある。

このような協力関係は、適合評価に関する文書の登録簿を管理する新しい規則、つまり、外国製品である場合GTINコードの記入という要件ができたことによってより強固なものとなった。

GTINコード並びにGLNに関する要求事項について詳しくは、こちらのニュースを参考にしてほしい。

補足情報:

GS1とは、自動識別、データや供給ネットワークにおける事業者間の情報の回収のために使用される規格システムである。GS1はビジネスプロセスの効率を上げ、識別の唯一性やデジタル化情報によって自動化することでコストを削減する。

情報ソース:弊所パートナー企業<NOVOTEST>ニュースよりПодробнее на: 

関連記事

  1. 適合宣言書登録時の事業者コード/GLNとGTINの記載に関して移…
  2. 爆発性物質に対する技術規則から表示に関する規定が一部削除
  3. ロシア認定認証機関登録簿、管理手順の法案審議開始
  4. 技術規則作成・見直し計画最新版承認
  5. 2021年1月1日より適合宣言書登録手順が変わります。
  6. ロシア認定庁、新しい情報ソースを創設
  7. 電力消費装置のエネルギー効率対する規則の施行日延期に関する決議公…
  8. 事業者コード/GLN及びGTINの記載に関する宣言書登録手続き規…
PAGE TOP